Crypto&Roses

cryptorose.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

準鬼門種。

a0170118_2318891.jpg

毎度おなじみのケイタイでしょぼくてごめーんネ集。

C.ヌーリー ロカなし。ポットで昔来たヤツ。
やっぱり苦手というか、バッチリ決められない種ですわね。
なんか融けるでもなく、なんとなーく成長しているような、してないようなw
そんな煮え切らない状況下での開花で、不本意ではありますがネタ切れにて穴埋め的にアップ。

花芽が上がってきた時期はほぼ同じでしたが、結局は時間差開花になってしまったのでした。
しかし特徴のある花でございます。オロシ金というかなんというか。

一応、ホワイトリング(嗚呼!なんとかならんかネーミング)ですが、
アルカリ性、酸性、両方にブチ込んでいますが、未だ融けてナイっすよ。
どちらかというとアルカリ性の方が良い感じかな?という程度。
でも結局はこれもヌーリーな訳ですので、手を焼かされるのでしょうね。きっと。(涙)
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-26 23:58 | C.ヌーリー 一般便

確認できるのはいいけれど・・・

a0170118_23592720.jpg

それより葉の成長に栄養まわして欲しいです、正直なトコ。

分かり難いですが、手前と右の葉柄付け根にそれぞれトンガリできてました。
まあ、この小ささだと咲いてもあとひと月位掛かるし、融ける可能性もあり。
どうなることやら。

一応、白花だということですが、自分の目で確かめないとね。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-24 00:14 | C.alba blowntype.

リー・リン・チェイ改めジェット・リー

a0170118_1747893.jpg

じゃないけど、C.ベケッティ改めC.ウェンティ マタレー産。AS便

入荷当初は茶色・凹葉でめっさかっちょえー株でしたのぅ。
そりゃどっちかといわれるとベケッティよりな雰囲気はありましたから、
咲いてみたらウェンティだったのはご愛嬌という事で。

結局、現在はグリーン一色からオリーブグリーンにカスリが入る程度に落ち着いてしまってます。
多分、光量の問題だと思いますが、あそこまでの再現は無理でしょうね。
睡蓮鉢に沈めて屋外にしたら結構良さそうだけど、その前に融かすくせェw
それ以前に、もういい加減植替えしないとね。
用土が無くなった?というくらいミッッッシリ!と生えてます。
てか鉢の外、空中で普通に育ってます。(汗) ラピュタ状態ですな。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-17 18:30 | C.ウェンティ マタレー

スワ連。

a0170118_1202218.jpg

C.スワイテシ デバラウェア&ヤーラ産

もっと鉢の堺が分からないくらい茂ってるとカッコイイんだけど。
あと、葉幅ね。好みとしては、もっと広葉にならなきゃいけやせん。
・・・とか欲を言えばキリがないですが、やっぱりスワが好きw 
長く育成していくと味がでてくるクリプトだと思うのですがどうでしょう。

あ、広葉といえば、最近ボグネリ情報全く見なくなりましたね。しばらく前にオクに出ていたくらいかな。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-17 01:58 | C.スワイテシ

たまには・・・。

a0170118_22563423.jpg

薔薇ネタでも。
Rosa rugosa Alba 所謂ハマナスの白花の蕾。
ご存知、♪しれーとこーで有名な薔薇ですが、ノーマルはピンクの一重咲き。
これはその白花で、悲しいかな自生地はもう確認できないということです。

自分の好みはERのような多弁のボリュームがある花が多いんですが、
逆にこんな清楚な感じの一重バラもけっこう好き。デインティ・ベスなんかも〇。
病気にも強いし、秋には実も楽しめるのです。

どうやらウチではこの種が一番の開花になりそうな気配。
が、今年は温→寒→温→寒と全く気温が安定せず、ブラインド(花芽が出来ない枝)が結構多いみたい。
それでもなんとかバラ達は毎年咲いてくれてます。
クリプト達よ!バラの棘の垢でも煎じて飲んでみる?w
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-14 23:35 | バラ

ちょいと成長。

a0170118_051273.jpg

結構エグイ感じに生育してきましたよ、凸凹リーフ。
昇格させて大きめケースにお引越しさせました。

同環境下のスカピタ二に比べてもゴツゴツ感は負けてないんじゃないかな?と。
葉数が少ないのもあるかも知れないですが、葉柄も短く良い感じ。
ちなみに写真のうち、葉柄が長く凹が強めなのが現地葉です。

なんか黒水水槽設置したら凄そうだなぁ。うまくいけばの話だけど。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-14 00:21 | C.sp Natuna凸凹リーフ    

うちのルミ子。

a0170118_23375952.jpg

C.sp ルミナスグリーン。

ウチに来てから展開した葉はツヤのある3枚。
現地とほぼ変わらない感じの葉で育ってくれてるのは嬉しいですね。

虫食い状に鮮明なグリーンが入り綺麗ですわね。
なんとなく水中でもカッチョ良くなりそうな気もしますが、それはまた増えてから実験してみますか。

用土はマレーヤ+ケイ砂メイン。
一応、現地の状態を考えて配合してみました。
マレーヤのみでも大丈夫な感じもしますが、他の方はどんな配合にしてるんだろ?
しかし、ヌーリーだとすれば、この適応力はかなり異質な感じがします。
いつもヌーリー導入初期はイジケモード突入するんだけど、ケロッとしてます。
へんなヤツじゃのう。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-12 00:15 | C.sp ルミナスグリーン

凹浅いけど・・・。

a0170118_0124976.jpg

前回の写真と比べ、かなり成長した感ありのスカピタ二。
葉数も増えましたが、子株があっちこっちに出て、葉を展開しております。

にしても、元株の大きい葉で握りこぶしほどの大きさになってるんだけど、普通なのか?
壁面に葉が触れずに伸び伸びと成長させるのには、衣装ケースくらいは必要な感じw

本日、クリマン(クリプトコリネ・マンション略。♪卑猥ねあなーたぁ)増築完了。
といってもメタルラックをデカくしただけなんだけどね。
少し余裕ができたので、お気に入りな株を大きめケースに昇格予定。
[PR]
by crypto-pirozhki | 2010-04-06 00:55 | C.diderici Skapitani

クリプトコリネとバラを愛するオジサンのブログ


by crypto-pirozhki
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30